予備校も賢く利用しよう!

わからない所はすぐに質問してみよう

司法書士の国家資格を取得するためには、専門的な法律に関する知識を勉強して試験に合格する必要があります。試験科目はホームページなどで確認可能ですが、試験問題には傾向や特徴があるので注意が必要です。
受験勉強をする際には、教科書となる本の内容を覚えた後に問題集をといて対策を取るのが一般的です。しかし、問題の傾向を掴むには独学では大変でしょう。なるべく手間をかけず勉強を進めたいときにオススメなのが、予備校の利用です。
予備校の授業は、試験に出題されやすい箇所を中心に行われます。予備校に通うと、わからない点について講師に聞くことができるのも魅力の一つです。勉強する際のコツなど、疑問に思うことは全て質問することができます。一人で悩む時間を短縮し、効率的に勉強できるのが予備校の利点です。

授業以外にも活用できる面がある

予備校では独自に作成された問題集が配布されます。問題集の問題を解くだけでも授業の復習になるだけでなく、試験対策になるので便利です。わからない所は、予備校の講師に解説してもらえます。予備校に通うなら、授業を受けるだけでなく配布された問題集を存分に活用しましょう。
予備校で行われるのは授業や問題集の配布だけではありません。実際の試験を見据えた、模擬テストも実施されています。試験で解けない問題を重点的に勉強することも大切です。苦手な箇所は教科書などで確認をし、さらに講師に質問します。
予備校では授業だけでなく、問題集や模擬テストを活用していくことが大切です。また、講師に質問することで短時間で学習を進めることもできます。