フルタイム勤務しながらでもできる!効率的な勉強法

司法書士試験の合格を目指すための学習方法

司法書士試験は、試験範囲が広く法律を学んだことがない人であれば、数年以上にわたる学習期間が必要な難関の試験として知られています。特に、民法や刑法、商法などの分野を効率よく学ぶために、市販品のテキストや問題集だけでは対応しにくいところがあることから、仕事帰りの時間を利用して予備校に通っている人も少なくありません。
フルタイムの人が司法書士試験を短期間のうちに合格するためには、記述式や論述式の問題の対策を立てることはもちろん、二次試験の準備期間を長く設けることがポイントです。その他、インターネットを利用して司法書士試験の学習ができる教材を用いることで、空き時間を使って受験勉強に取り組むことができます。

司法書士試験に強い予備校の選び方

司法書士試験は、独学での合格が難しい国家試験の一つであることから、最短期間で合格を目指すうえで、優秀な講師が在籍している予備校を積極的に利用することが大事です。大手の予備校においては、定期的に模擬試験が行われることがあり、多くの受験者にとって実力を判断するうえで有意義な機会としてみなされることがあります。
一般的に、司法書士試験の合格のためには、予備校を利用した場合であっても、数年以上の学習期間が必要となりますが、法学部を卒業した人や、法律関係の仕事に就いている人であれば、スムーズに受験勉強に励むことも可能です。その他、実際に司法書士試験に合格をした人の体験談を参考にすることで、受験のために役立つポイントを確認しておくと良いでしょう。